防犯対策のカギ

施錠にかかわる防犯対策の歴史

施錠は、防犯対策で一番大切なポイントです。ここでは、錠前にかかわる防犯対策の歴史を述べます。以前は、建物における錠前の交換をまめに行っていませんでした。そのため、錠前の模倣品を作成して合鍵を作って侵入する事件が多い状況でした。そこで、入居者や管理者が入れ替わるたびに錠前を交換して犯罪を防ぐようになりました。また、模倣しにくいまたは鍵開けしにくい錠前が誕生しました。さらに、そもそも鍵がある箇所に侵入者を近づけさせない工夫がなされました。それは、人感センサーです。人感センサーは、人が一定の距離まで近づくと発光します。そして、死角になる暗闇を作りません。それによって、鍵開けの被害を防ぐ効果を有しています。

鍵開け対策の今後の動向についての予測

鍵開け対策は、今後もさらなる工夫がなされると予測されます。現在、鍵開けされにくい錠前を販売しているものの、犯罪のプロには破られてしまうことも多々あります。そこで、出入り口や窓には複数の錠前を取り付けるなどの対策が求められるでしょう。また、警備会社にセキュリティ対策を委託するケースも増加すると考えられます。セキュリティ対策を警備会社に委託すると、建物や家屋に人感センサーが設置されます。そして、不審な動きを察知すると警備会社に連絡が入って警備員が出動します。このような防犯体制をとっているのは、大きな建物やビルがほとんどです。しかし、鍵開け対策の強化のために、今後は小規模な建物や個人のマンションにも普及すると予測されます。